読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の闇に誘われし旅人の手記

うちのこおんりィエエエエエエエエアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアアアアアアアアアッハアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!?!??!!?

時の国

うちの子 【企画】時の国

◇クライド・アステローダ
男、19歳
世界を気儘に旅して回る旅人。ここに来る前にも様々な国を渡り歩いて来た。異国のことをたまに話してくれるので、子どもたちには人気。
やや自己中心的で、束縛を嫌う。ヘコみやすいが立ち直りも早く、ころころ表情が変わる。嘘がつけない性格で、年齢の割に脳内が子供っぽい。

「ま、頭のお堅いオッサンどもにはわかんねーよな」

◇フィオ
女、16歳
数年前に病で家族を失くしてから、ゴミ捨て場にある機材を拾ったり手入れしたりしてひっそり生きてきた少女。だが最近才能が開花し、修理屋を営むようにもなった。
人懐っこいが口下手で、話す時は身振り手振りが多い。表情筋が硬く笑顔が下手くそ。なので腕は確かだが店にはあまり人が来ない。

「またきて……まってる……!」

◇ルカリア・レ・アルキス
女、15歳
知り合いのアトリエに入り浸った結果、職人になった。良家の出身だが、それを鼻に掛けるようなことはない。
新しい物好きで奇想天外なことばかり思いつくため、周囲には理解されないことも多々あるが、本人は全く気にしていないよう。
誰に対しても分け隔てない態度だが、自分の知らないことを教えてくれる旅人には特に積極的。

「チビじゃなくてルカだよー!」

◇ルビリオ・ベルツ
男、24歳
繊細で精巧な作品を創り上げる若い職人。風の噂としてその腕は一部に広まっているようだが、実は本人は非常に人見知りで引っ込み思案。
いつもおどおどびくびくとした態度で頼り甲斐がなさそうだが、物作りをする時の横顔はいつもの自信のなさを感じさせないほどに真剣。
自分に自信がなく褒められても即座に否定するが、自身の作品にはそれなり自信があるよう。矛盾といえばそう。

「ひ、ぇ、…ぁ、はい、それ…ぼくが…作りました…」