読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の闇に誘われし旅人の手記

うちのこおんりィエエエエエエエエアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアアアアアアアアアッハアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!?!??!!?

うつしよ奇譚

「なあ、おまえアヤカシ信じてるか?」
 突然そんなことを言い出したのは幼馴染の成瀬。急な問いに首をかしげる僕に、成瀬はにっと笑って言った。
「なんてな、おまえ怖がりだし!」

 アヤカシというのは、この街にひっそりと伝わる謎の生き物。何処から生まれ、何を目的として、何処へ行くのか、それは誰にもわからない。ある時は人を襲ったり、ある時は人を助けたり、特に迷惑でもありがたくもない干渉をしてきたり、もう沢山の話が存在して、お年寄りたちが実際に出会ったというそのアヤカシの話を語り聞かせてくれたのを覚えている。
 でも、アヤカシなんて所詮おとぎばなしだ。母親にはよく、早く寝ないとナントカのアヤカシが出るぞ、なんてよく言われたけど、どれだけ夜更かししてもアヤカシに出逢いはしなかった。
 ぎゅっと拳を握って、足早に夕暮れの街を歩く。成瀬の言葉を意識しているわけじゃないけれど、いきなりあんなこと言ってからかってくるなんて。
 ちりりん。
 背後に響いた鈴の音に、びくりと身体がこわばる。しかし、聞いたことのある音色。兄に買ってもらったお守りの鈴の音だった。どうやら、紐が切れて落ちたらしい。振り向いて、拾おうと手を出した瞬間。突然現れた黒猫が、お守りを咥えて走り去ってしまったのだ。
「……!?」
 驚いて立ち尽くすが、急いでその小さな身体を追いかける。しかし、逃げた先は暗い森、その陰に黒猫の姿は溶け込んだ。もう鈴の音も聞こえない。
 僕はがっくりと肩を落として引き返そうとした。が、何か黒いものにぶつかって尻餅をつく。黒い服の、長身の男がこちらを見下ろしていた。
「ご、ごめんなさっ……?」
 あまりの驚きに、僕の言葉は遮られた。最初は、黒尽くめの男の人だとは思っていた。でも、ちがう。明らかにこれは……

____ニンゲンじゃない。

 3メートルはゆうに超える身体。ありえないほど長い脚を曲げて、僕に近寄ってくる。
 逃げなくては、頭ではそう思っていても、足がすくんで動くことができない。そいつが僕に顔を近づけるごとに、背中がぞわぞわして気持ち悪い。
 誰か、と叫ぶこともできない。喉が凍りついたように、震えることを許さない。やがてその化け物は、ゆっくりと『口』を開け、僕に覆い被さった。

ふぁんうぇる

【企画】ファンウェル うちの子

◇エグメント・フォイルゲン
男、ヒューマン、ウィザード
物静かでくたびれた雰囲気の男。考え事が多くあまり話を聞かない。
かつて2人の子どもがいたが、2人が魔法使いでないことを確認するとすぐに母親の元を去った。
常に自責の念と後悔に囚われている。
ひょんなことから狂信者のルーシュちゃんの面倒を見ている。何度パパと呼ぶなと言っても呼ばれるので最近諦めた。

「俺にそんなこと言う資格なんか、ない」

◇ラーレ・エールリヒ
女、ヒューマン、ウィザードハンター
死んだと言われていた父親を探すためハンターになった少女。常に前向きで明るい性格。馬鹿正直で芝居がかった態度は苦手。弟と、サーヴァントの日隠さんが大好き。
小難しい話が嫌いで、やや脳筋じみたところがあるが、まっすぐな性格。父の正体はまだ知らない。

「パパは生きてるもん、絶対に、どこかで!」

◇ユーヴァ・エールリヒ
男、ヒューマン、ゴーストハンター
冷めた性格をした、ラーレの双子の弟。父を探すラーレに対しては呆れている。
ラーレと違い現実主義的で、猪突猛進な姉のストッパー役になることもしばしば。表情が硬くいつも怒っているように見えるが、本来は温厚でとても優しい性格。

「…馬鹿なの?」

◇アザレア
男、フィン、サーヴァント
黒い羽根の天使。こんな色だが特に悪人というわけではなく、むしろ密かなコンプレックス。
たまたま主人のリリアンさんがコルドン側だっただけで、本人は争いとかどうでもいい。ただ、ついて行くだけ。
常に気だるげで忠誠心の欠片もなさそうだが、主人には歯向かわないし口答えもしない。

「あんたがどうしようが、俺の知ったことじゃないね」

チェルシー・クローチェ
男、セリアン、サーヴァント
セリアンだが魔法の適性が高い少年。親は東洋育ち。
主人のグリロスさんに陶酔しており、従順な手駒として扱われることが至上の喜び。しかしたまにどす黒い恋慕の念が爆発する。
「ご主人さまのお気に召すまま…♡」

◇メドラウト
男、ヒューマン、ウィザード
自身を「可愛い系男子」などと称する少年。コルドンからの裏切り者であるため、ナイツの者にもあまり信用されていない。
「争う気はない」とよく言っているが、売られた喧嘩は迷わず買うため生傷が絶えない。
かつてある人物に左腕を切り落とされている。
「ぼくが可愛いからって嫉妬してるんでしょー?参っちゃうね」

◇シュテファン・ライゼガング
男、ヒューマン、マスター
生まれつき魔力が多すぎて、周りの人に影響を与えてしまうためいつも引きこもっていた少年。自身も体調を崩しやすく、体力がない。もやし。
従者のことが大好きだが素直になれない。
「ちょ、っと待って…ぜえぜえ」

フェリシア
女、ヒューマン、王族
大人しい、というより根暗で鬱っぽい姫君。うさぎのぬいぐるみをかじる癖がある。従者のハリュくん以外にはなかなか心を開かない。
「…私なんかに構わなければいいのに…」

旧校舎の幽霊

【企画】桜庭学院高校 SS

 夏だというのにひんやりとした空気に身を震わせ、富士見陽介は外を見ていた。
 彼が立っていたのは、人も寄り付かぬ旧校舎、その入り口の前だった。というのも、突然の土砂降りで、傘も持っていなかった彼が雨宿りにと逃げ込んだのがここだったからであり、できればこんな不気味な場所には近寄りたくはなかったのだが。
 陽介は、スマートフォンの画面を見ながら気だるげに溜息をつく。その画面には、『生徒会の仕事終わったら迎えに行くね(^-^)』『わかった、いつ終わる?』『もう少しかかりそう(T ^ T)』という姉との会話が表示されていた。待ってるよ、と短い返事を書き込んで、電源ボタンを押しポケットにスマートフォンを押し込む。濡れた制服と肌からはじわじわと体温が奪われ、もう一度ぞくりと肩を震わせた。
 余りにも退屈だった。そして、その退屈さは彼の感じる寒さを余計に強くしているような、そんな気がして、何かをしようにもこの土砂降りでは何もできまい。
 …いや。できることが無くはない。
 ちらりと見つめたのは、雨で余計に薄暗くなった旧校舎。鍵はなく、玄関は開け放たれている。
 ふと、陽介の心に好奇心とやらが、ほんの少し芽生えた。少年らしい探究心のようなものが芽生えて、薄暗く不気味な校舎の中へと突き動かそうとする。
 呆気なく彼は自分に負けて、吸い込まれるように旧校舎へと足を踏み入れた。



 窓ガラスは煤けて、外がよく見えない。なるほど日中でも薄暗いわけだ、と1人納得して、埃っぽい校舎内を探索する陽介。
 探索とはいえ特におもしろいものがあるわけでもないのだが。ただ、少し気がかりだったのは、さっき姉と携帯で交わした会話だった。旧校舎で雨宿りをしている、と伝えた時、『旧校舎かー、あそこ幽霊が出るってオカ研が言ってた!(◎_◎;)気をつけてね!』なんてメッセージを送ってきやがったのだ。どうせあの姉のことだから冗談だろうし、陽介自身も幽霊など信じてはいなかったのだが、旧校舎に入ってみれば、それらしいものが出てもおかしくないような不気味さを持っていた。
 かたん。
 急に聞こえた音に、つい身体を強張らせる。
 音が聞こえてきたのは、消えかけた文字で「2-C」と書かれた教室だった。まさか、そんなわけがない。ネズミでも居るんだろう、きっと。無理やり思い込んで、教室の扉を開ける。
 ボロボロになった机や椅子が散らばるように無秩序に配置してあり、踏みしめるたびにきい、と床が軋んで不気味さを煽る。
 …やっぱり、誰もいないじゃないか。当たり前の事実にようやく胸をなで下ろす。しかし、陽介のすぐ後ろ。
 ごそり。何かがうごめくような音がした、ような。いやいや気のせいだろう。なんて思いつつも、背後の棚に彼の意識は集中していた。
 もしかしたら野良猫かなにか、住み着いてるのかも…そんなことを考えつつ、またもや埃っぽくて低い棚の扉に手をかけて、開いた。
「…は?」
 居た。人がいた。低い棚に体操座りで、もっさりとした髪で顔が隠れて見えないが、おそらく驚いているであろう女の子がうずくまっていた。
「…あの、何して…うぁ!?」
「ひえ…!」
 驚きのあまり完全に無防備になっていた。とん、と胸のあたりを思い切り押され、陽介は見事に後ろに倒れこむ。床に頭を打ちつけ、埃が舞い上がり、一瞬呼吸が苦しくなる。
 陽介が噎せているあいだに、彼を突き飛ばした謎の女の子は教室を走って逃げ出していく。
「げほっ、げほ…ちょっ、…待ってよ…!?」
 まだ喉のあたりにぐずぐずした感じがあるが、今はそれどころではない。陽介は急いで起き上がり、女の子を追いかける。女の子は廊下の先へ走って、曲がったところで…小さい悲鳴と、ずべしゃああ、と盛大な音が聞こえた。
 追いついてみると、案の定その子は派手にこけていた。



「…すみません、すみません…」
「やめてくださいよ…その、俺も驚かせてしまって、ええと…こちらこそすみません…」
 どうやらこの女の子、宇崎ゆうかは気が動転していただけのようだった。とはいえ突き飛ばして逃げ出したことを反省しているようで、表情は相変わらず分からないが涙声ですみませんを連呼している。
 普段旧校舎には人が立ち入って来ないため、人と話すのも明るい場所も苦手なゆうかはよく旧校舎に入り浸っている。足音が聞こえてきたので、驚いて棚に潜り込んだがあっさり見つかってしまった。かくれんぼは苦手のようだ。
「そう、いえば…雨、もう止んでるみたい…」
「え?…本当だ。いつの間に…」
「戻り、ましょう。多分、みんなも探してます…」
 確かに雨の音は既になく、玄関を出ると雲の合間からは僅かに光が漏れている。
 と、玄関を出るか出ないかのところで、急に陽介のスマートフォンが震え始めた。見ると、数え切れないほどの通知や不在着信が表示され、訳が分からず呆然とする。
「…なぜか、旧校舎の中は電波が通りにくいの…すごく心配されてる、ね」
 月乃からの大量のメッセージと、ゆうかを交互に見て陽介は溜息をついた。
 ふと。まさか、旧校舎の幽霊の正体は彼女だったのではないだろうか…そんなことを考えながらも口にすることはなく、雨上がりの空の下を歩いていった。



「もー、どれだけ心配したと思って…!」
「ご、ごめんってば!っていうか、まだ終わってなかったの!?」
 生徒会室に行くと、月乃は未だに仕事に追われていた。第一に怒られ、第二にチョップを食らう。相変わらずの姉である。
「でも、旧校舎に電波が通りにくいってなんか怪しいよね…あそこただの木造の校舎だし。やっぱり…居るのかな?」
「ねーちゃんそういう話好きだよね…そうだ、雨止んだし僕もう帰るよ」
「えー!手伝ってよ!」
 今日はいつもより疲れたから、ときっぱり断り、陽介は逃げ出すように生徒会室から離れたのだった。

さくらば

【企画】桜庭学院高校 キャラクター

◇富士見月乃
3年、女子、家庭科部
151cm
桜庭学院の生徒会長。全生徒が楽しい学園生活を送れるようにすることを自らの使命としている。
自身も楽しいことが大好きで、基本的にノリと本能で行動するが、責任感は強い。
こう見えてお嬢様。人遣いと金遣いが荒い。
「うんうん、ボク楽しいことは大歓迎〜☆」

◇富士見陽介
168cm
1年、男子
月乃の弟。天才肌の姉と違い平凡で巻き込まれ体質気味。姉の手伝いで生徒会の雑用などをを手伝うことも。
姉以外の女子とはほとんど話したことがないため、女子相手には緊張でうまく話せない。
「勘弁してください…」

◇宇崎ゆうか
140cm
2年、女子、オカルト研究会
極度の引っ込み思案で話すのが苦手。霊的な何かを呼び寄せやすい体質に昔から悩まされている。
明るい場所が苦手で、暇なときはよく旧校舎に入り浸っているので、他に忍び込んできた生徒を脅かしてしまう。
「…あ、…あの、あの、わたし…」

◇城山飛沙
138cm
3年、女子、科学部
研究馬鹿の変人。授業など低レベルでやっていられん、時間の無駄だ!と言い教室には顔を出さず、もっぱら実験室に引きこもっている。そのため留年生。
平気で1週間飲まず食わずの徹夜をするため、よくぶっ倒れる。誰か近くにいないと死ぬ。
「ご機嫌うるわしゅう、低能ども!」

◇岩瀬桃那
161cm
3年、女子、軽音部
友人や後輩にはモナと呼ばせている。自称〈Rockの神に魂を捧げた堕天使〉。相当痛い人だが、音楽にかける情熱は本物。それゆえ周りを引っ張り回してしまう。
病弱で、吐血は日常茶飯事。ライブ明けには必ず入院している。根はひたすら真面目で一途。
「んん〜っ、Rock'n'roll!!」

◇ハルフォルト・アウラニイス
158cm
1年、女子、演劇部
地球を滅ぼすため遠い銀河の果てから旅をしてきたが、数千億年にもわたる旅の果てにエネルギーを失った破壊者。人間のふりをして過ごしエネルギーを貯めている。
正体が正体だけに悪役がハマるようで、演劇部にスカウトされてしまった。不本意らしいがなんだかんだ真面目にやる。
「永劫たる旅の果て、我は一体何をしているというのだ…」

◇高遠夢見
146cm
1年、女子、文芸部
ますです、ですます、なのですますと珍妙な敬語を使う活字中毒の少女。普段は大人しい文学少女だが、ひとたび妄想が爆発すれば誰にも止めることができなくなる。
色恋沙汰に興味津々で、性別、シチュエーション関係なく興奮できる。一種の病気。

「萌えポイント高いのですます…」

◇瀬川真知子
155cm
教師、女
いつも厳しく、「ですわ」口調の特徴的な教師。桜庭学院の革命を経て、だいぶ丸くなったそう。それでも厳しいが。
生徒たちの華やぐ笑顔を見るのは好きで、今の桜庭も気に入っているが、何故か問題児だけでなく先生まで追いかけ回す羽目になった。

「こらぁ、待ちなさーい!!!」

【企画】桜庭学院

【企画】桜庭学院高校 企画

 名門女子高として知られる『桜庭学院』。しかし、今年はその桜庭学院に新しい風が吹いていた。
 厳しく、自由のない学び舎だという噂ばかりだった桜庭学院は、どのように姿を変えていくのだろう。

 その風は、数多の未来を乗せて。

◇概要◇
 名門女子高として知られる、私立桜庭学院高校。しかし、突如昨年から共学化したのである。
 過去から変わりつつある学園を舞台に、青春を過ごしましょう。
(訳:女子いっぱいの学園でキャッキャッウフフしようぜ)
◇キャラクター製作
 男子は1人につき1体のキャラクターを作成可能です。女子はいくらでも。(教師を除く)
 また、去年まで女子高だったので2年、3年の男子はいません。
※例外として、転校生の場合2年、3年の男子生徒を製作可能ですが、転校生だらけになるとなんとなくアレなので東東にご一報ください。
教師の場合は性別の制限はありません。
◇制服
 夏服とか体操着考えるの超めんどいので適当でいいです。リボンとネクタイは学年色です。
1年:赤
2年:青
3年:緑
 靴とソックスは自由でいいです。
◇校風
 かつては自由も楽しみもないような学園でしたが、数年前からその様子を変えつつあります。
 現3年生は特に、以前の学園の様子を見てきているため、様々な思いを抱いている…多分。
◇部活
 部活への所属は自由です。他の部での活動を疎かにしないのであれば兼部も可能。(幽霊部員設定は大丈夫です)
 生徒会に書類を提出して、認められれば部活の設立もできる。無駄に学園内の敷地や空き教室などもあるのでそこは気にしなくていいです。
 審査が緩く、大体生徒会役員がその場で「面白そうだね!いいよ!」と言って速攻で認めちゃうのがほとんどなので、変な部活もたまに出来てしまう。
◇最後に
ただの人間でなくとも、宇宙人、未来人、超能力者など作成可能です。普通のようで割とそうでもない青春を過ごしましょう。

感染世界。

【企画】感染世界 企画 メモ

 曇天を飛ぶ極彩羽の鳥。
 瓦礫を這う異形と化した獣。
 この世界は『敗けた』のだ。

 少年は泣きながら、口に咥えた銃の引き金を引いた。



 西暦26XX年、地球全土は80%以上を凶暴化した生命体に破壊・侵食されていた。
 すべての始まりは、力に傾倒するとある科学者が開発した「Unウイルス」。その効果は絶大だった。しかしその科学者さえも、これは危険すぎると、すべてのデータを破棄し、ウイルスの存在ごとこの世から抹消された。
……はずだったが。
 その噂をどこで聞いたのか。科学者の死後、その自宅に入り込んだ何者かがウイルスを見つけ出し、それを地上に持ち出した。
 そして、世界中の主要都市は機能を停止し、この星はもはや滅亡寸前までに追いやられていた。

 ただひとつ、祝福の力を持つ少女に守られる、清浄の地を残して。



◆世界観
 遥か未来、人類滅亡寸前の地球が舞台です。
 「清浄の地」と呼ばれる、唯一残されたウイルスに侵されていない集落、エレクロアを残し、他の国々は残らず滅びてしまったと言われています。
◆キャラ作成
・エレクロアの兵団
 エレクロアで生まれ育った戦士たち。この地に生まれたことを誇りに思い、やや堅苦しい思考の人が多い。エレクロア唯一の純粋な王族である少女の祝福を受け、Un化した生物の討伐も行う。
幾つかの部隊に分かれることもあるが、大抵は団長を中心に動く。
・エレクロアの市民
 戦士とは違い、運よく生き残ってエレクロアへと流れてきた人もごく僅かだがいる。元々いた民の中には、機関の人間を含み、余所者をよく思わない人もいるようだ。
 貴族などの富裕層と一般市民の身分差は大きい。
・特務機関ラーチャー機動隊員
 ラーチャーとは、現在はUn化した生物の研究及びウイルスの根絶を目的とする組織。前総長の死や世界の混乱により消滅も危惧されたが、世界がウイルスへ沈む前に、エレクロアの話を聞きつける。王家と交渉の末、そこを本拠地とした。以前の本拠地は米国にあった。
 機動隊員は戦闘力、探索力が非常に高く、武器の扱いにも優れる者が多い。前線に出ての調査と討伐の任務がメイン。幾つかの班に分かれている。
・ラーチャー研究班
 Un化した生物の研究および、ワクチンの生成、武器の開発など多くを取り扱う。一癖も二癖もあるが凄腕の研究者揃いだとか。
・ラーチャー医療班
 傷ついた人々を治療する隊員。研究と掛け持つ人もいる。研究班の開発したワクチンや治療薬の保管、時折実験もしているらしい。
・ラーチャー司令部
 基本的に、機動班のナビゲートを行う隊員。ラーチャーの総長を含めた上層部も普段はここに所属する。実際に前線に出ることは殆ど無いが、機動隊員にとって欠かせない存在。
◆Un化
 Unウイルスにより、飛躍的に身体能力が上がるが自我を失うことをUn化と呼ぶ。Un化した生物から傷を負ったり、ウイルスの蔓延する地帯に長く居座ると感染するようだ。感染してから完全に自我を失うまでの速度はそれぞれ異なる。
 エレクロア王の祝福を受けると、感染確率が大幅に下がる。エレクロアの集落全体に、結界のように祝福がかけられているが、それを持続させるためには非常に精神力と体力を使う。
 王家の人間がいなくなっていくうちに祝福も弱まり、残された王女の負担も大きくなるばかりだった。
 ラーチャー研究班特製のUnワクチンもあるにはあるが注射なので痛い。研究員も変態なのでちょっと怖い。
◆エレクロア
 歴史の流れに取り残されるようにして、誰にも気づかれることなく存在し続けていた小さな集落。王は代々「祝福」とよばれる不思議な力を使うことが出来、悪しき者、害なるものを遠ざける力がある。今まで噂にさえならなかったのもその力のおかげである。
 しかし王族は短命で、数年前に兄王と姉王も亡くなり、残されたのは幼い王女だけである。
 だが反対に市民たちは非常に長寿で丈夫。
 普通の人間と見た目はほとんど変わりないが、耳が尖っている。

◇女王・フォレンティーナ

 清浄の地エレクロア唯一の幼き王。その祈りは害となるモノを遠ざけ、弱める力がある。
 しかし、もはや自らも両親、兄や姉と同じく先が長くないことを知っていた。力の負担や心労もあり、以前は立ち歩くこともままならなかったという。
 それゆえ、突如現れたラーチャーにも協力を約束した。彼らを信じたかった理由も幾つかあるそう。

◇ラーチャー総長・シャーウィン

 特務機関ラーチャーの若き総長。穏やかで物腰の柔らかい好青年。常に冷静で、判断力に優れる。
元総長である父の死により、消滅の寸前まで追い込まれた組織を立て直した。しかし、心のどこかでは自責の念に苛まれているよう。
 顔の傷が特徴。本人曰く実戦慣れしていないとのことだが、戦闘能力は確かとの噂がある。
 とある秘密を持っているらしいが…

ゆるーく終末しましょう。

ゆめかうつつか

創作 SS

 足下に響く、ぴしゃりという小さな水音は、水たまりを踏んだ時のそれとよく似ている。けれど、ここは室内だから、雨が振り込むわけがない。ならばこの水たまりはなんだろう。
 窓もシャッターも半端に締め切られ、廃墟と化したショッピングモールはもはや牢獄のような居心地の悪い薄暗さを演出している。そして、細く差し込む外の光が映し出すのは、目眩がするほどの鮮やかな赤、あか、赤。
 むろん、これは床の色などではない。床を埋め尽くしていたのはその赤色だけではなく、横たわり、積み重ねられ、その色彩の暴力と化す勢いの鮮やかな海を垂れ流す、肢体。
 僕はもはや肩で息をしながら、全身が赤く濡れた感覚で、何度もぞわりと嫌な気分を感じながら、歩いていた。細く白い光は、手にした刀を鈍く反射する。滴り落ちる血を振り払いもせず、見るに堪えないその海を、水音を立て歩いていく。
 こんな夢を、最近は毎日見るようになったのだ。昔から変な夢ばかり見ていたが、こんな夢は、冗談では済まない。
 気味が悪いのは、この夢が日に日にリアルに、そして長く感じてくるということだ。いつもは、気付けばこの凄惨なショッピングモールの片隅に立っているだけだったのに、人を先ほど斬り殺したような疲労感と、手に、身体に何かが滴っている感覚で、もはや発狂してしまいそうなほどに気分が悪い。

 夢じゃないのかもしれない、今度こそ、僕は本当に人を____。
 そのとき、僕の腕に何かが絡みついた。
 腕だけ、じゃない。気を取られ、声も出せずに驚いている間に、足が、全身が何処かへ引っ張られそうになる。
 たすけて。
 そう言いたかった。けれど、一体誰が僕の事なんかを助けてくれるっていうんだろう。腕に握った刀を振り回して、その束縛から逃れようともがいた。
 でも、片脚のバランスを崩し、赤い水たまりに背中から倒れこんだ。生暖かい液体が、服に染み込んでいくのを感じた。
 倒れた衝撃でむせ返りそうになるが、それ以上に、僕の手足に絡みついてくる何かが、拘束を強めている。
 動けない。
 恐怖で死んでしまいそうになり、夢だということもとっくに忘れ、異様なほどのリアルな夢に溺れてしまった。