読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の闇に誘われし旅人の手記

うちのこおんりィエエエエエエエエアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアアアアアアアアアッハアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!?!??!!?

神話英雄

◇シェヘラザード
女、不明
自らを「語り部、シェヘラザード」と称する謎の少女。模倣英雄たちの前に度々現れては、要領を得ない意味ありげな言葉を残していく。

「英雄譚には語り部が必要だろう?」

◇ミシェル・ネルソン
女、15歳、模倣英雄
アーサー王の模倣英雄。物語が好きなごく普通の少女。まだ未熟で戦いにも慣れていない。泣き虫で頼りない。
アーサーの記憶を持ちながらアーサーに非常に憧れており、記憶の中の彼のように勇敢で優れた王になるべく努力をしているようだ。

「ああ〜、やっぱり無理!たすけてーーー!」

◇神楽タカト
男、16歳、堕英霊
アグラヴェインの堕英霊。とにかく円卓周辺、というか主にランスロットが嫌いすぎる。むしろ円卓さえ絡まなければまともな少年。甘党。
基本的に温厚というかダウナーで、無駄な戦闘は避けたがるが、悪役扱いと円卓の話ですぐ怒る。

「そういうの本当嫌い」

◇フローリエ=ミランダ=ユースタシア
女、10歳、模倣英雄
フェルディアの模倣英雄。丁寧なお嬢様言葉で話す少女。貴族の令嬢らしいが、その見た目には似つかわしくないおてんば振り。
幼いながらも気品ある雰囲気であるが、少し考えるのが苦手で突っ走りやすいところがある。

「まあ、なんて素敵なのでしょう!」