読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の闇に誘われし旅人の手記

うちのこおんりィエエエエエエエエアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああアアアアアアアアアッハアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!?!??!!?

【企画】TSW

 この物語はまだ空白だ。何故ならば、今から君が紡いでゆくからだ。

 これまでの物語のその先に、君たちの未来は待っている。

 これは、君たちが、僕たちが、紡いでゆく物語。



 まとめをリニューアルしただけです。まったく変わりません。何卒。

◇概要
 剣や魔法の王道ファンタジーな世界が舞台です。また広い世界には様々な国があり、様々な種族がいます。
 まあ要するに王道RPGみたいなキャラで妄想したりわいわいしようねって企画です。基本的に何やってもいいです。

◇属性について
 炎、風、水、土、光、闇があり、炎→風→水→土→炎、光⇔闇で相反する相性。
 といってもそんなに深く考えなくていいです。イメージと直感で決めましょう。また髪や目の色に迷ったときは属性っぽい色にしてみるのもいいですね。
 一部の村などでは、属性に対応した加護の石を持たせる習慣があります。

◇用語とか(随時追加。たぶん)
・冒険者
 主に、旅をしながらギルド管理局から出されるクエストとミッションをこなして生計を立てる人々のことを指す。一攫千金を夢見るハンターから亡命中の王族までいろんな人がいる。
・ギルド管理局
 冒険者たちと、それらが所属するギルドを束ねる機関。以前はギルド同士の衝突や抗争が絶えなかったが、管理局の長が変わってからはめっきり減ったという。
 クエストやミッションの管理をするのもここ。
・冒険者ギルド
 いくつかの冒険者パーティが情報の共有などのため集い、そして生まれたと言われる、いわば冒険者の集まり。2〜4人の少数精鋭ギルドから20人以上の巨大ギルドまで規模や方向性は様々。
・クエストとミッション
 どちらもギルド管理局から出される依頼のこと。
クエストは民間人や他の冒険者から出される依頼で、人探しや素材集めなど多岐にわたる。
 ミッションは、管理局の長から出される正式な依頼。暴走モンスターの討伐などが9割を占める。
・マギウスアカデミー
魔法の国の中心に存在する学園。魔法について学び、研究するための建物で、無論国はここに一番力を注いでいる。

◇国
・王国『ソルテリッジ』
長い歴史と豊かさを持つ、世界で一番大きな国。双璧とよばれる2人の騎士団長がいる。
獣人、竜人、妖精、人間など様々な種族が共生している。

・砂漠の国『サラトル』
とても乾燥した地域で、国一帯に砂漠が広がっているが、ところどころにオアシスがある。
また、広い街には商人やキャラバンが数多く集う。

・夜の国『アイヴォン』
一日中太陽の昇らない不思議な国。神秘的な美しさから旅人たちもよく集う。
年に一度だけ太陽が昇る日があり、その日は国中が喜び、歌い踊る祭りとなる。

・魔法の国『レトナーク』
魔法技術がどこよりも発達した国で、多くの魔術師や魔法学者たちがここで暮らす。世界で唯一の魔法学校が存在する。
また、三人の天才魔導師と呼ばれる者たちがいるが、全員変わり者だという。

・屍人の国『グルテリス』
いつも薄暗くどこか靄がかった不気味な国。あちこちに墓場や教会があり、あまり人気がなく閑散としている。
謎多き、アンデッドと呼ばれる生命力の高い種族が住む。

・戦の国『ベルカーン』
国の中心に大きな闘技場のある国で、力を求める冒険者も数多く集う。
権力の格差が激しくかなり治安が悪いようで、盗賊や浮浪者なども多い。

・自然の国『メーヌ』
花と森に囲まれた、神秘的な国。エルフや妖精たちが多く暮らす。
昔はもっと閉鎖的で、他の国に妖精やエルフが住むことは稀だったが、冒険者たちを中心に外との交流が増えているようだ。

・大和の国『ハクヒ』
他国との交流が盛んではないため、独自の文化が根付いた国。国の中でさらに領に分かれている。
「巫女姫さま」と呼ばれる人物が神託により政治を行っているとのことだが、彼女の姿を見た者はいないと言われている。

・空の国『シュテルン』
空に浮かぶ島国。翼を持つ天族と呼ばれる種族が住む。
様々な良くない言い伝えにより地上の者との交流は禁じられていたが、少しずつ開放的な国風に変わりつつある。

・機械の国『ディカーテ』
機械やロボットたちと共生する異端の国。研究者や科学者が多く暮らし、また街一帯が学都となっている場所もある。
魔法の国の技術と機械を合わせた「魔導機械」なるものが注目を集めている。

・時計の国『ロッカーラ』
大きな時計塔を中心に廻る国。精密なカラクリ人形や時計を手掛ける職人たちがおり、彼らの技術を求めて国外からもたくさんの人が訪れる。
アンティークな街並みも一部には人気がある。

・夏の国『ニーシェル』
周りを海に囲まれた、常夏の島国。港町は毎日商人や漁師たちで賑わっている。
海が美しくリゾートとしても人気が高い。また、海辺で人魚の影を見た者は幸せになれるという伝説がある。

・冬の国『ティオール』
夏の国とは対照的に、一年中雪に覆われた国。氷と雪に覆われたその向こうを夢見て、旅人になる者もいる。
凍った海を砕くモンスターの力を借りた、唯一の港町が存在する。

・深海の国『マーレストゥ』
夏の国の海底に広がる神秘の王国。人魚たちが住む地だが、脚を尾ひれに変えるのはふつう海に出るときのみで、国の中では歩く事もでき息を吸うこともできる。
転覆した船の乗員がよく沈んでくる。

・竜の国『ルガランズ』
竜人と呼ばれる種族が暮らす、国というより集落。強靭な力と知恵を持った竜人だからこそ住めるような過酷な環境。
深い谷の底には伝説の竜がいるとか、黄泉の国へ繋がっているとかいう噂があるが、確かめに行った者などはいない。

・おもちゃの国『メティアル』
オートマタ、と呼ばれる体の一部がおもちゃで出来た住人たちの国。オートマタは子供のような姿のまま一生を終えるものも多い。
オートマタは非常に友好的な傾向にある種族だが、その実謎が多く国の成立にも多くの説がある。

・お菓子の国『セルレティア』
国全体が、住居や歩道、果ては空に至るまでお菓子でできた国。さすがに住居とかは食べられない。
この国の人々は他国の人間たちとそう変わりないが、お菓子だけ食べていても健康を害することはない。

・雨の国『ロシーオ』
常に空に雨雲のかかった国。太陽に当たらずとも成長できる植物がそこかしこに生えているため、自然豊かな国である。
土の下には雨水を養分にするモンスターが沢山いて、そのため雨が降っても氾濫することがない。

・密林の国『セルバ』
一年を通して熱く湿度の高い国。また、そんな環境で形成された広大なジャングルで人々が暮らしている。
とても厳しい環境で、しばしばモンスターが暴れ回り地形が変わる。

・神獣の国『ヤンシェン』
多くの伝説を持つ神秘の国。華やかな都という雰囲気の街もあれば、竜の国にすら劣らない岩山が連なる場所もある。
岩山には幸運をもたらす神獣が住むという噂もあり、旅人を惹きつける何かがあるが環境が厳しく、砂塵で視界も良くはない。

・小国群
いつ消えるとも知れない、儚く小さな国々が乱立する地域がある。日々、融合したり独立したりと、昨日描いた地図さえも当てにならない場所。
単なる不運で滅びようと、それに抗う事もままならない、そんな国ばかりである。